薬を飲んでいる男性
公開履歴
薬と瓶とグラス

胃腸薬には胃の調子を整える健胃薬や消化を助ける消化薬、胃酸を中和する制酸薬、胃酸にから胃の粘膜を保護する胃粘膜保護薬、胃の痛みを抑える薬などの種類があります。
胃腸薬は商品によって成分が異なっているのですが、市販の胃腸薬にはいくつかの成分が配合されているものが多く、さまざまな症状に対応することができます。
食欲が出ない時には健胃薬がおすすめとなっており、配合されている成分によって唾液や胃液の分泌を促し、胃の働きを活発にするといった効果を期待することができるでしょう。
胃のもたれなどがある時には消化薬を選ぶと良いのですが、このようなタイプには食べ物からの炭水化物や中性脂肪を分解して消化を促す作用を持っています。
ちなみに、食事の前に糖の吸収を抑制する薬を飲んでいるという場合、その薬の効果が出にくくなってしまうこともあるため、事前に医師に相談すると良いでしょう。
胃酸が出すぎると胃の痛みなどの症状が出てきてしまいます。
制酸薬には出すぎた胃酸を中和したり、胃粘膜を保護したりする効果があります。
制酸薬であるネキシウムでつらい症状を治すことも可能です。
しかし、健胃薬とは逆の作用があるため、一緒に飲んでしまうと両方の効果が出なくなることもあるので注意しましょう。
胃酸は胃に食べ物が入った時に分泌され、消化に必要となる物質です。
しかし、空腹時に胃酸が分泌されることもあり、それによって胃の粘膜が障害を受けてしまいます。
そこで胃粘膜保護薬を使用すると良いのですが、胃酸から胃粘膜を守る効果が期待できるでしょう。
痙攣を抑える薬には胃の緊張を和らげる作用があり、それによって胃の痛みを抑える効果が期待できます。
しかし、緑内障や前立腺肥大など副交感神経に関係する疾患があるという場合、服用する前には注意が必要となっています。