• ホーム
  • 妊娠したら胃カメラや胃腸薬の使用はやめたほうがいい?

妊娠したら胃カメラや胃腸薬の使用はやめたほうがいい?

2019年10月16日
薬と水のグラスを持っている女性

女性は妊娠によって、精神的にも体調にも変化が訪れます。
体調にはゆっくりと変化が訪れますが、それに伴い胃にも異変を感じることがあります。
体調面に不安を感じたら、胃の中を胃カメラで検査しておくといいです。
妊娠しているのに胃カメラの検査ができるのかというと、麻酔の種類や検査方法を選択することで可能となります。
病院で相談をして妊娠していても安心して胃カメラ検査が出来る方法を提案してもらえば、体調に不安を感じていても、詳しい検査で理由も分かるので安心ができます。
胃カメラ検査は喉に苦痛を感じやすいですが、局部麻酔として、喉のパーツのみに麻酔をすると、体への負担を軽くさせることができます。
そういった工夫によって、妊婦の人でも無理なく胃の中の状態を確認することは可能となります。
胃に理由のわからない痛みを感じたり、異常を感じている時に、理由はわからないまま薬を飲むのは、過剰に医薬品を服用してしまう可能性もあります。
理由は何かを突き止めて、それにあった治療法を判断することが大事になってきます。
そういった判断をする多面も、妊婦に適した方法での、胃カメラ検査は利用するのもひとつです。
胃腸薬は胃腸の不具合を感じた時に服用しますが、妊婦さんの場合は注意が必要です。
胃腸薬は妊婦さんが飲んで大丈夫なタイプと、飲んではいけない医薬品があります。
胃腸薬の中でも妊婦さんが飲んで、安全が確認されている薬もありますから、お医者さんなどでよく相談をしましょう。
胃腸薬をにむ時には、消化の良い食事も心がけるといいです。
チョコレートやスナック菓子などではなく、うどんやお味噌汁、お粥などを食べるようにするといいです。
刺激が強いものは避けましょう。

関連記事
排卵期の腹痛に胃腸薬は有効?

排卵期ではさまざまな体の変調が現われる事があります。これは排卵期によってホルモンバランスが乱れる事によって生じます。主な症状としては排卵痛が挙げられます。排卵痛は主に排卵の時に卵胞を破る痛みと黄体ホルモンによる卵巣の腫れが原因で痛みを生じます。排卵期に生じる症状としては他にも頭痛や吐き気、腰痛、腹痛

2019年11月20日
胃腸薬と世界保健機構

世界保健機構というのは、健康状態をより良い方向へと改善させる国際協力組織のことです。世界保健機構が存在するように、健康は世界的にもとても大切なものです。世界保健機構が設立をされたのは、1948年のことです。健康は世界の人にとっても、日本人にとっても最も大切なことであり、向き合っていくべき事柄でもあり

2019年09月12日
総合胃腸薬は幅広い症状に対応

胃腸の調子が悪い時に頼りとなる胃腸薬ですが、いくつかの種類があるというのはご存知でしたか?自身の症状に合った薬を服用するのが最も効果的ですが、いくつもの症状が重なっている場合には、複数の成分が配合された総合胃腸薬を服用するのが良いでしょう。総合胃腸薬には消化酵素や健胃剤、制酸剤、胃粘膜保護薬などの成

2019年08月24日
胃腸薬である鎮痛鎮痙剤の効果とは

胃腸薬といっても症状や作用によって服用する薬の種類が変わってきます。胃腸薬の種類としては胃の粘液の分泌を高める胃運動機能改善剤、荒れた粘膜を修復し胃酸を中和する粘膜修復・制酸剤、胃の働きを高める健胃剤、消化を高める消化剤、酸の分泌を抑える酸分泌抑制剤、さまざまな症状に対応する複合胃腸薬、そして胃痛を

2019年08月06日